住む神戸・働く大阪|住まいのトレンドを考える

昔から「大阪で働き神戸に住むのが理想」と言われてきました。
それほど、神戸・阪神間エリアは住宅地として人気がある場所であり、多くの人のあこがれの場所でした。現在、住宅ローンが史上最低水準の時代。あこがれの場所でマンションを手に入れるチャンスです。
この機会に、大阪から神戸・阪神間エリアに住み替えてみませんか?

住宅評論家・住宅アドバイザー 住まいる総合研究所 所長/井口 克美 いぐち かつみ

住宅評論家・住宅アドバイザー
住まいる総合研究所 所長

井口 克美 いぐち かつみ

住宅情報(現SUUMO)の広告営業として新築分譲マンション・新築分譲戸建て・仲介・賃貸等の領域を経験し、SUUMOカウンターでは参画営業を担当。今まで見学したモデルルームや現地は1,000物件以上、担当してきたクライアントは100社を超える。

コラム

第2回:自然と歴史が作り上げた神戸・阪神間の街

関西:住みたい街(駅)ランキング

出典:リクルート住まいカンパニー2015年3月調べ

関西:住みたい行政市区ランキング

神戸・阪神間エリアの住環境の魅力は、大阪に電車で30分以内という近い場所にありながら、自然環境に恵まれ、街並みが綺麗なことです。なぜこれほど住環境に恵まれているのかは、以下の3つの項目で説明できます。
① 地理的要因
② 歴史的背景
③ 住環境を守る法律による建築制限

それではひとつずつ、詳しく見ていくことにしましょう。

① 地理的要因(山・海・川、自然に恵まれた神戸・阪神間エリア)

仁川

アジュール舞子

神戸・阪神間エリアは、大きく北と南で特徴が分かれる、東西に長い帯状のエリアです。
北は「山の手」と呼ばれ、六甲山に代表されるような山々のふもとに形成された閑静な街並みが際立ち、南は「海の手」と呼ばれ、静かで穏やかな瀬戸内海の近くに形成された都会的な街並みが際立ちます。
そして北から南へと続く緩やかな斜面には、武庫川や夙川、仁川、住吉川などのきれいな川がいくつも流れています。

「山の手」は緑に溢れ、起伏はあるものの、海を見下ろす眺望に恵まれたところが多く、また、「海の手」アジュール舞子や須磨海水浴場、甲子園浜のように、水辺を気軽に楽しめるスポットが多いことが特徴です。
また、前述したような大きな川沿いには、桜並木や公園などが点在し、日常に四季を感じることもでき、多くの方々の憩いの場ともなっています。

この山と海と川が、狭い帯状のエリアに揃っているこの独特な地理的要因により、自然豊かな住環境が作り上げられ、神戸・阪神間エリアに住む人たちは、日頃から自然を身近に感じる暮らしをしています。

② 歴史的背景(神戸港・阪神間モダニズム)

明治時代に神戸港が開港したことで、神戸の街に海外の人たちが訪れるようになり、多くの外国人が住むようになりました。この時期から、外国人居留地をはじめとして、神戸の街には様々な洋風の建物が建てられました。
今でも神戸北野の周辺には当時の異人館の姿を見ることができますよね。

また阪神間エリアは、大阪市内の住宅環境の悪化により、明治時代の後半頃から、環境の良い郊外住宅地として注目されるようになりました。そして、当時の阪神電鉄や阪急電鉄などの私鉄会社が中心となり、駅や鉄道を整備しながら街づくりが進んでいきました。

特に、御影・岡本・芦屋あたりには、大阪の裕福な企業家や実業家が邸宅を建てていきました。また、住吉周辺には、紡績業関係の社長の邸宅や、財閥の本家、有力商社の社長の邸宅などがあります。関西の企業家や実業家にとって、いかに神戸・阪神間エリアが魅力的であったかがわかります。
その後も、住環境の良さに目をつけた当時のお金持ちたちは、こぞって、神戸・阪神間エリアに家を建てるようになり、その流れは西宮や宝塚へも広がっていきました。
これらの場所は、現代でも、高級住宅地やブランド住宅地として評価されています。

このあたりから≪大阪で働き、神戸・阪神間エリアに住む≫という風潮ができてきたのかもしれませんね。

また、住まいだけでなく、関西学院大学のような私立大学や銀行などの建物も西洋風の建築様式で建てられるようになり、様々な文化・教育・社交場としてのホテル・娯楽施設が造られ、西洋文化の影響を受けた近代的な生活様式が育まれていったのです。この当時の時代状況が「阪神間モダニズム」と呼ばれています。

神戸・阪神間エリアの街が綺麗でオシャレなのは、こういう歴史的な背景があったからなのです。

岡本周辺の街並

北野周辺の街並

③ 住環境を守る法律による建築制限(用途地域)

城の下通周辺の街並

芦屋市宮川周辺の街並み

街には、無秩序な開発を防ぐために、様々なまちづくりのルールがあります。例えば、都市化を進めていくところは「市街化区域」とされ、逆に、都市化を進めず自然を残すところは「市街化調整区域」として線引きされています。

神戸・阪神間エリアの「山の手」は、この市街化調整区域に指定されていることが多く、大きな開発がされずに今なお自然が残されているのです。言い換えれば、法律で定められている以上、今後も「山の手」ブランドは健在である、と言えます。また都市化を進める市街化区域には「用途地域」という制限が定められており、指定された用途地域の範囲内にて建てられる建築物が定められています。用途地域は全部で12種類あり、例えば、最も指定が厳しいのが「低層住居専用地域」であり、厳しい順に「第1種低層住居専用地域」「第2種低層住居専用地域」と指定されています。これらの地域は「良好な住環境を守るための地域」とされており、静かで落ち着いた環境を阻害するような商業施設などの建築が制限されています。よって、これらのエリアは、市街化区域といえども、閑静な住宅街としての品格を保っているエリアである、と言えます。

ちなみに、神戸・阪神間エリアにおいては主に阪急沿線の北側を中心に、第1種・第2種低層住居専用地域が広がっています。基本的には、山側から海側にかけて建築物の制限が緩くなっていきますが、神戸・阪神間エリアは、比較的建築物の制限が厳しい(つまり、良好な住環境が守られたエリアである)「住居(専用)地域」が多いのが特徴です。

ちなみに、大阪市内は、用途地域の制限で言うところの「商業地域」(商業施設などの建築が許可さている地域)を中心に街が形成されており、周辺部に住居地域が広がっているのですが、第1種・第2種低層住居専用地域はどこにもありません。

このように、神戸・阪神間エリアの自然環境や街並みが綺麗なのは、法律による厳しい用途地域の制限などによって住環境が守られているからなのです。

上記①~③からわかることは、もともとの地理的な魅力に歴史的な背景が加わり、それを法律や住んでいる人たちが守り続けてきたことが、神戸・阪神間エリアの住環境の魅力の秘密のようです。

いかがですか?高層ビルが建ち並ぶ大阪で働きながら、自然に恵まれたオシャレな神戸に住むのは、オンとオフのメリハリが付いて素敵だと思いませんか?

平日は大阪に勤務して、休日は神戸・阪神間エリアの名所を楽しむことができる、この住環境のよさが「住みたい理由」として挙がってくるのに納得です。

ピックアップ
神戸・阪神間で新築分譲マンションを探すなら、実績No.1ブランド「ワコーレ」で
(仮称)ワコーレ神戸山本通プロジェクト

● 神戸市:中央区
ワコーレ神戸山本通 ベルヴェツィオ

  • ・神戸市営地下鉄西神・山手線「県庁前」駅 徒歩11分
  • ・JR神戸線「元町」駅 徒歩13分

山本通×トアロード 中央区山本通4丁目 邸宅の本道。
北野・異人館エリアへと続く山本通の風情ある街並み。
神戸の街を見渡す爽快なパノラマビューを手中にする神戸邸宅の頂。

ワコーレ ザ・ハウス神戸熊内町

● 神戸市:中央区
ワコーレ ザ・ハウス神戸熊内町

  • ・神戸市営地下鉄西神・山手線・北神急行「新神戸駅 徒歩7分
  • ・東海道本線「三ノ宮」(地下鉄三宮駅前)より神戸市バス約10分、「熊内町6丁目」バス停より徒歩3分

神戸熊内町憧憬の私邸。閑静と利便が響き合う、三宮山手の16邸。
三宮へ約10分の好アクセス、全邸南向きの開放感と独立性に配慮した秀邸。

ワコーレ御影一丁目

● 神戸市:東灘区
ワコーレ御影一丁目

  • ・阪急神戸線「御影」駅 徒歩9分
  • ・阪神本線「御影」駅 徒歩11分
  • ・JR神戸線「住吉」駅 徒歩13分

モダンな御影スタイルを謳歌する“御影一丁目アドレス”に、全邸南向き・角住戸率75%、限定12スタイルの集合私邸、ここに誕生。

ワコーレ住吉オーナーズレジデンス

● 神戸市:東灘区
ワコーレ住吉オーナーズレジデンス

  • ・JR神戸線「住吉」駅 徒歩5分
  • ・阪神本線「御影」駅 徒歩7分

JR駅近×四方角地の独立街区×大型公園近接×全邸南向き。
得難きポジションに新登場の68邸。
大きなキャノピーのある車寄せやコンシェルジュサービスなど
ゆとりある暮らしをお届けします。

ワコーレ甲南ザ・ハウス

● 神戸市:東灘区
ワコーレ甲南ザ・ハウス

  • ・JR神戸線「住吉」駅 徒歩12分
  • ・阪神本線「魚崎」駅 徒歩12分
  • ・神戸新交通六甲アイランド線(六甲ライナー)「魚崎」駅 徒歩10分

商業、官庁、水景、文教が集う東灘の中枢エリアに寄り添う、閑静な住宅街に誕生の17邸。
専用駐車スペース付をはじめ、多彩なプランをご用意。

ワコーレ岡本ザ・レジデンス

● 神戸市:東灘区
ワコーレ岡本ザ・レジデンス

  • ・阪急神戸線「岡本」駅 徒歩6分
  • ・JR神戸線「摂津本山」駅 徒歩8分

全邸南向き&ワイドスパン設計や地下平面駐車場など、
「岡本邸宅」と呼ぶに相応しい永住品質を追求した全38邸。

ワコーレ甲南山手エヴァージュ

● 神戸市:東灘区
ワコーレ甲南山手エヴァージュ

  • ・JR神戸線「甲南山手」駅 徒歩6分
  • ・阪神本線「深江」駅 徒歩6分

生活至便なフラットエリアに、全戸南向きの35邸。
ワイドなテラス&専用庭付プランや南面ルーフバルコニー付100㎡超プランなど多彩な住スタイルを提案。

グランヴィ御影郡家

● 神戸市:東灘区
グランヴィ御影郡家

  • ・阪急神戸線「御影」駅 徒歩8分
  • ・JR神戸線「住吉」駅 徒歩7分

第1種低層住居専用地域内に、邸宅文化の真髄を継ぐ10邸、新発表。
全邸100㎡超・全邸南向き・地下平面駐車場120%装備。